こどもがいたとしてもパートナーの浮気が許せずに離婚裁判を起こす人もいるでしょう。お子様がいない家庭の場合はシンプルですが、お子様がいる場合はそうもいきません。とても重要な「親権問題」が関わってきます。子の親権問題が片付かないと離婚をすることはできません。では、親権はどのようにして決まるのでしょうか?浮気調査との関係は?今回はこの浮気調査と親権問題について考察していきたいと思います。

浮気をした相手が親権を持つ場合もある

浮気をしたかしていないかは、親権を争う際に参考にはなりますが、これが決定的な理由で親権者が決まるわけではありません。最も優先されるのは、裁判でいう「子の福祉」、つまり、こどもを安定して育てていける人が親権者になるという基準があり、それに準じて裁判が行われます。もちろん、裁判を起こさずとも話し合いで決まるのであればそれに越したことはありません。

どれくらい家事育児に関わっているか

例えば、専業主夫の家庭で旦那が職場で不倫をしたとしましょう。もちろん、不貞行為に当たりますので離婚事由には当たりますが、この後に親権を争う可能性もあります。専業主婦だからといって確実に親権が獲得できるかというとそうでもないのです。養育費との絡み、夫がどれくらい家事や育児に協力してきたか、その他専業主婦業をどれくらい行ってきたかなども判定の基準にされます。全く育児も家事もできていない専業主婦の場合、子の親権を取るのは難しいと言っていいでしょう。金銭的な収入も少なく、さらに育児家事に対して積極的でないと判断されてしまうためです。