探偵に浮気長を依頼して浮気の証拠を獲得し、順調に裁判が進んで慰謝料請求が確定。裁判上和解で慰謝料をもらえるようになったとしましょう。この場合、ほとんどの方が「慰謝料さえ貰えれば黒字になる」と思っているかもしれませんが、実はそんなに甘いものではありません。慰謝料をもらったのに赤字になってしまうケースがあります。例えば、浮気相手に慰謝料を請求した所、多額の借金などを抱えており、10万円しか払えないといった場合です。例えばこの時、探偵に依頼した浮気調査の金額が30万円かかっていたとしたら、20万円の赤字となってしまいます。浮気の兆候があった場合、浮気調査をして離婚。その後慰謝料を請求と考える方がほとんどと思いますが、こういったことがあり得ることを頭に入れておきましょう。

決まった金額ではない?慰謝料の不思議

相手に不倫された、浮気されたからそれを理由に離婚。精神的苦痛も受けたし慰謝料を取れて当然!」と思っているみなさん、例えば、相手が裁判後に自己破産したり、そもそもお金を持っていないとしたら、無い袖は振れないとよくいいますが、お金を取ることはできません。むしろ、探偵社を雇い、さらに弁護士まで立てて裁判を起こした場合、探偵に払う費用と弁護士費用がそのまま赤字になることもあります。浮気調査を実施して離婚や慰謝料請求を考えている方は、実際にパートナーの財産状況や収入、または浮気相手の状況なども知っておいたほうがいいでしょう。探偵社はこのようなことに対しても事前調査を行ってくれるケースがありますので、是非ご相談されてみてください。浮気調査をして裁判を起こしても赤字にならないかどうかを聞けばいいだけです