浮気調査を依頼しようとしている人のほとんどが、離婚することを心に決めているはずです。でないと、何十万円もする浮気調査に投資する意味がありません。浮気調査を実施して、決定的な浮気の証拠を掴み取ることで、離婚事由にもなりますし、慰謝料請求など有利に裁判をすすめることができます。特に裁判でも気になる「慰謝料請求」について今回ご紹介していきたいと思います。是非ご参考にされてください。

そもそも慰謝料とはどんなもの?

慰謝料は被害者が受けた精神的苦痛に対して支払われる費用です。そのため、一定の相場があるわけではなく、どれくらいの金額を請求するかは実はその人次第となっています。芸能人の離婚裁判にもなると、数億円の慰謝料が支払われていることもありますが、これは相手が圧倒的に稼ぎがある人の場合に限定してのこと。一般的なすうじではありません。浮気調査をしての離婚裁判での慰謝料の平均請求額はだいたい50万円から300万円となっています。かなり幅があると思っていただいていいでしょう。支払い方法に関しても現金一括のときもあれば分割しての支払いのケースもあります。ただし、相手がお金を持っていない場合はこの金額がすぐに手に入るわけではありませんのでご注意ください。浮気調査の料金を裁判で勝ち慰謝料で賄おうと思っている人の場合、支払いが遅れてしまう可能性もあります。

パートナーの収入によって異なる慰謝料

もちろん、浮気の被害を受けた本人の精神的苦痛に対して慰謝料は支払われるものですが、お金のない人からお金を取ることはできません。どういった被害を受けたなども、慰謝料を決定づける要素となりますが、パートナーがどれくらいの収入か、どういった資産を持っているかなども慰謝料決定の重要な要素となります。浮気をしたからいくら、不倫をしたからいくらといった料金が決定しているものではないということをこの記事でご理解いただければと思います。