探偵に浮気調査を依頼するとき、どうしてもイメージ的に離婚調停のイメージが先行してしまいがち。どうせ離婚するなら少しでも自分に有利なようにと、浮気をしているのを野放しにしておいて、しっかりと浮気調査で証拠を獲得。裁判で勝訴と言った流れです。

確かに、離婚調停は有利に進むことでしょう。しかし、浮気調査は離婚調停のためだけに存在するのではありません。パートナーが暴走する前に浮気の証拠をつかみ取り、復縁に向かっていくという方法も考えられます。

今回の記事では、浮気調査を利用して再度仲を取り戻す方法をご紹介したいと思います。

証拠を突きつければ相手は逃げられない

浮気の決定的な証拠を探偵社に取得してもらいます。それを元に、話し合いをするようにしましょう。

決して感情的にならないことがポイントです。浮気をしている事実を突きつけられれば、大概の相手は反省します。

中には開き直る人もいるかもしれませんが、そうなる前に早めに浮気の兆候に気がついたら調査をするべきです。

探偵に任せたと何も伝える必要はありません。自分自身で怪しいと思ったから尾行したなど言い訳はいくらでもつきます。

この機会に懲りて、今後浮気を二度としないで欲しいと伝えるのももしかしたら愛情のひとつかもしれません。

それでもだめな場合は離婚調停へ

浮気の証拠を突きつけても相手が浮気相手から離れない場合、それがあなたの配偶者だった場合は離婚調停に進んでいくのも方法の一つです。離婚調停を行う際、自分自身で裁判に臨むこともできますが、弁護士を立てて調査を実施することもできます。

まだ、浮気をされても相手を許してあげられるという気持ちがあるなら、是非浮気調査をいい方向に活用されてみてください。もちろん、探偵社にも「復縁したいから浮気の証拠を掴んで欲しい」と伝えるべきでしょう。普段は「離婚したい!」と強く願っているクライアントと多く接している探偵です。こういった案件がまれにあれば、親身になって相談に応じてくれるはずです。