浮気調査に何人人員が割かれるか、気になりませんか?それにより、調査成功率も変わりますし、調査期間も変わります。ということは、必然的に浮気調査の料金も大幅に変わることになります。

探偵ひとりだけで調査する場合と、2、3人のチームで調査する場合、どちらが成功率が高いのでしょうか?今回は、浮気調査の人数に付いてみていきたいと思います。

浮気調査は通常2、3人のチーム制で行われることが多い

張り込み調査や尾行調査、車両での尾行調査等の場合、基本的に2、3人のチーム制で調査されることが多くなっています。

ひとりの調査員がターゲットを見失ったとしても他のメンバーがフォローに入れるからです。

さらに、ひとりの調査員が尾行をつづけると、万が一気が付かれたときに継続が難しくなります。しかし、別の調査員が引き継ぎを行えばそのまま調査継続も可能。調査の成功率を上げることができるのです。

大手探偵社ならではなの人材力

こういった面では、大手探偵社は強いと言っていいでしょう。中小探偵社の場合、極端な話ひとりで探偵調査をしているケースもあります。しかし、大手探偵社の場合は人員も多く揃っていますので、そういった面で調査力は高いと言っていいでしょう。

もちろん、個々の調査力については、大手探偵社であっても中小探偵社であってもそこまで遜色はありません。

どれだけ人員を割いても、どんなことをしても確実に浮気の確証を得たい!」といったような場合は、大手探偵社に依頼したほうが相性がいいでしょう。

 

浮気調査の人数も調査成功に関わる重要事項

調査員の人数は、単に料金だけの問題でなく、浮気調査の成否を握ると過言ではありません。より確実に浮気の確証を入手したい、広域に及ぶ調査でも人員を多く割いて欲しいなどのニーズがある場合は、大手探偵社に依頼したほうがいいかもしれません。