中には何度離婚をしても浮気を繰り返す人がいます。こういった人の場合、もう浮気をすることを前提でお付き合いしないといけないのかもしれませんが、それでも腹が立ちますよね。浮気や不倫を理由に離婚調停をして、慰謝料を多くせしめてやろうと考えている人も少なくないはずです。そうでないと、何十万円とする探偵調査に依頼する意味がありません。

今回の記事では、特に浮気調査に対して敏感になっているターゲットを確実に落とすための方法をご紹介します。もちろん、探偵社の能力によるところは大きいですが、浮気調査依頼者の協力も必須となります。

では早速、調査に敏感なターゲットに対する調査の特徴を見ていきましょう。

浮気調査の期間をわざとランダムにする

浮気をしている最中、浮気調査が入っていないかと常に警戒している人もいます。こういった人の場合、決定的な浮気の資料を押収するのが難しいという特徴がありますが、例えば調査の期間を無作為に、ランダムに実行することで、「もう浮気調査は終わったかな?」と相手に思わせることができます。

ターゲットの目的はもちろん浮気をすることです。不貞行為を目的にしている人も多いでしょう。このように調査を工夫して、少しでも浮気の証拠をとるための確率を上げる方法もあります。

あえて少ない人員で調査を行う

これは想像するとわかりやすいと思いますが、あなたが浮気調査で尾行されているとして、4人ものスタッフに尾行されていたら流石に違和感に気がつくでしょう。そこで、警戒心の強い相手の場合、少数精鋭で探偵社の中でも指折りの能力を持つ人物を調査に当て込みます。こうすることで、調査をしていることがバレるリスクが最低限に抑えられることになります。