パートナーの浮気があやしい。浮気調査を入れて案の定浮気の証拠資料を獲得。それから先はほとんどの方が離婚調停に入られます。「なぜ何十万円もする浮気調査を皆依頼するの?」と疑問に思っている人もいるかもしれませんが、実は浮気の決定的な証拠資料を持った状態で裁判に臨むことで、裁判を有利に進めることができるからです。裁判を有利に進めるとは、例えば親権をこちらのものにしたり、慰謝料を請求したり、養育費の額を決定したりするときに重要です。その中でも特に「慰謝料」の金額ガキに掛かる人も多いでしょう。今回の記事では、離婚裁判での慰謝料について見ていきたいと思います。

そもそも慰謝料ってどんなもの?

芸能ニュースなどを見ると、離婚により慰謝料何億円と言った事例を見かけます。もちろん、これがすべての人に適用されるわけではありませんので安心してください。基本的に慰謝料は、精神的に被った苦痛に対する弁済金となっています。さらには、請求される側の経済状況などによってもその貰える金額が変わってきます。だいたい、慰謝料として100万円から200万円ほど請求できるケースが多いようです。

浮気の決定的な証拠がないとどうなる?

例えば、調査をしても浮気の決定的な証拠を取れないこともあります。この場合、慰謝料はどうなるのでしょうか?

もし、浮気の証拠がなくても離婚が成立した場合、慰謝料を受け取ることはできます。しかしながら、離婚をするために必要な不貞行為の立証(その他の事由でももちろん離婚は成立します)ができないと、そもそもの離婚ができないようなケースもあるのです。

浮気調査を行い、離婚調停を有利に進めていくとはこういうことを言います。裁判も覚悟して調査を依頼しようとしている人は、なるべく確実に証拠を収集してくれる業者を選ぶようにしましょう。