探偵社に依頼して浮気の証拠をつかみたい。実際に浮気調査を依頼したはいいもののなかなか報告が上がってこない。探偵社もすべての業者がいいわけではありません。圧倒的に調査力が不足している探偵社、悪質でそもそも騙そうとしている探偵社なども一部存在するのが事実です。

この記事では、浮気調査を行う際にありがちな探偵社とのトラブルを3つ紹介していきたいと思います。

トラブル1:料金が全然違う?契約書と請求の相違

探偵社との揉め事で一番多いのは料金に関することと言っていいでしょう。探偵社と契約を結ぶ場合、事前に料金も明確に鳴っていることが多いですが、注意書き的に「調査によって請求金額が上がることがあります」などの掲載がある場合があります。

中にはもともと話していた金額の倍以上の請求が来るなどのトラブルもあるようです。非常に大事なことですので、お金に関しては安易に決めずにしっかりと交渉した上で確実な契約書を取るようにしましょう。

トラブル2:浮気調査がバレてしまった!

浮気調査をしている最中に、依頼者、または探偵社のいずれかが原因で調査がバレてしまう可能性もあります。

または、浮気調査などに非常に敏感に反応するターゲットもいますので、それにより調査していることが相手に伝わってしまうこともあるのです。

こうなってしまっては、その期間中ターゲットは浮気をするようなことはないでしょう。証拠を押さえられないと離婚調停などに出す資料がなくなってしまいます。

トラブル3:自分の情報が勝手に漏らされた!

能力の低い、経験の少ない、または悪質な探偵社があなたの情報を他人に漏らしてしまうリスクがあります。

これにより、浮気調査をしていることがバレるだけでなく、あなたの知られたくないプライベートな情報も流出してしまう可能性があります。

こういったトラブルが起こり得ることも十分に理解しておいてください。

 

良い探偵社に任せるとトラブルのリスクは激減する

能力の高いしっかりとした探偵社に浮気調査を依頼するとトラブルのリスクは激減します

浮気調査を依頼する探偵社を安易に決めるのではなく、確実に証拠を獲得してくれる、そしてトラブルを起こさない良心的でしっかりとした事業所を選ぶ必要があるでしょう。