浮気調査にも流れというものがあります。探偵社選びから申し込み、面談をして契約…など、どこの探偵社に任せたとしてもだいたい一定の調査の流れがありますので、今回の記事で浮気調査の流れを把握しましょう。

調査の流れを知ることで、実際の契約や調査もスムーズに進行します。

まずは探偵社選び

探偵社選びからスタートします。探偵社の規模、実績、料金、特徴、口コミなどを参考にしながら慎重に選んでください。ある程度、この探偵社選びの時点で成功率が決まると言っても過言ではありません。

申し込み

探偵社が決まったら実際の申し込みを行います。だいたいのところが電話やメール、インターネットでの問い合わせフォームを用意しています。まれに、チャットアプリなどで対応可能となっているところもあるようです。

面談

実際に面談を行います。今どういった状態で、どのような浮気の兆候を掴んでいるか、パートナーの特徴はどんなもので浮気相手はどういった人物かなどをなるべく細かく説明しましょう。探偵社によって異なりますが、ここから料金を徴収するところもありますし、無料のところもあります。事前にチェックが必要です。

見積り

面談をして探偵社の方から調査計画書や見積りが提示されることになります。これに満足行ったら次のステップです。

契約

浮気調査を依頼する際に一番重要になってくる契約です。契約内容に関しては、契約書の内容を熟読し、わからないことや不明点があったら必ず聞くようにしましょう。また、こういった契約関連に詳しい人が周囲にいる場合はそういった専門家に相談するのも方法のひとつです。

浮気調査実施

契約が決まったら浮気調査がスタートします。途中経過を報告してくれる業者がほとんどです。浮気調査の最中、緊張することもあるかもしれませんがなるべく平常心で振る舞いましょう。

調査報告

実際に浮気の事実があったかなかったかなどを調査報告書にしてまとめてもらいます。この調査報告書により探偵社の業務はほぼ終了と言っていいでしょう。

アフターフォロー

浮気調査が終わった後が本番と考えても過言ではありません。実際に離婚調停に入る場合、弁護士や行政書士などをつけるひとも多いでしょう。そういったときに探偵社から紹介などのアフターフォローが入るケースがあります。報告書の使い方などについてもサポートが有るケースが多いです。

 

上記のような流れで浮気調査が実施されます。浮気調査を依頼する予定の方はある程度把握した上で調査を依頼するようにしましょう。