ほとんどの方が浮気調査を初めて利用する場合、独特の緊張感にさいなまれるようです。どうしても使い慣れるようなサービスではありませんし、非日常的なことになってしまうのでしょうがないかもしれません。

さて、浮気調査の期間中、なかなか普段通りに振る舞うのが難しいという方が多くなっているようです。確かに、何も調査をしていないときと、浮気調査を実施しているときとでは、パートナーとのコミュニケーションがおかしくなったりぎこちなくなったりするかもしれません。

勘のいいターゲットの場合、浮気調査をしていることに気づかれてしまう可能性もあります。難しいことではありますが、浮気調査実施中もなるべく平常心でいつもどおり振る舞う必要があるでしょう。

自宅で録音することもある

浮気の証拠をつかむために、事前調査として自宅で録音などを行うこともあります。配偶者の許可を得て自宅内で録音をする場合、盗聴にはあたりませんのでご安心ください。まれに犯罪になるのではないかと心配する人もいるようです。

その他にも、さまざまな浮気の証拠となりうる資料を探偵に提出することになりますが、遠慮せずに提出するようにしましょう。見せたくないような資料があったとしても、それが浮気を決定づける証拠になることもあります。

夫婦間の関係について聞かれることもある

当然のことですが、夫婦間の最近の関係に付いては深く聞かれることになります。

夫婦仲はどうか、夜の生活はあるか、などなど結構突っ込んだ内容になることもありますので、それなりの覚悟をしておきましょう。

日常しないことをするのが浮気調査です。なるべくいつも通り平常心でいることで、浮気調査の成功確率が非常に高くなります。