パートナーに浮気・不倫をされているかもしれない…。つらいですよね、信頼しているパートナーの裏切りはすぐに認めたくありませんし、憤る人も多いことでしょう。

何度も何度も浮気を繰り返すパートナーや、あなたの性格的に一度でも浮気をされたら許せないという場合、探偵に浮気調査を依頼するといいでしょう。

浮気の証拠を確実につかむことで離婚調停などを有利に進めることができ、人生の再起がしやすくなります。

今回の記事では、そんな浮気調査前に用意しておきたい3つの資料についてご紹介していきたいと思います。

 

資料1:パートナーのプロフィール

できるだけ詳細なものを用意しましょう。例えばどこの学校を出てどんな交友関係があって、どこに勤めていてどんな趣味を持っていてなど。浮気相手とディナーに行くお店を参考にするためにも食の趣味なども伝えておいたほうがいいでしょう。

とにかくパートナーのプロフィールを細かくまとめておきましょう事前に資料化して持っていくと、探偵社との打ち合わせもスムーズになります。

資料2:今までに入手した浮気の証拠

例えば、浮気調査依頼前にある程度浮気の兆候となる資料を見つけていたら、その資料を持っていくのもいいでしょう。

女性もののプレゼントを購入したレシートやメールやLINEの履歴、通話履歴、写真などなんでもあるものを送りましょう。

この資料も多ければ多いほど超探しやすくなり、調査期間が短くなって結果料金も安くなります。

資料3:浮気相手の情報

パートナーが浮気をしている相手の情報もあればあるほど調査がしやすくなります。

どんな風貌か、年齢はいくつくらいか、どんな趣向を持っているか、どこに住んでいるか、職場はどこかなどもまとめましょう。

わからない項目が多くても構いません、思いつく限りのことを挙げておくといいでしょう。

浮気調査の相手の行動がわかると決定的な浮気の証拠をつかみやすくなります