浮気の証拠は一体どんなものなのでしょうか?決定的な写真などが一般的に証拠になると思われていますが、実は色々な証拠があります。物的証拠、状況証拠など、様々な証拠を組み合わせて浮気をしていることを立証します。

この記事では、浮気の証拠の押さえ方、どんなものが具体的に浮気の証拠になるのかについて説明していきたいと思います。

「不貞行為」の有無が大きなポイント

不貞行為とは民法で定められる離婚事由のうちのひとつで、配偶者がいながらも別の異性と性的関係を持つことをいいます。基本的にこの不貞行為の証拠を得ることが浮気調査最大の目的です。

不貞行為を立証するためには状況証拠が重要となってきます。例えば、「何月何日何時何分にだれとだれがラブホテル◯◯に入室し翌朝何時何分に二人揃ってホテルからでてきた」といった証拠を写真付きの資料とともに突きつけて、浮気をしていることを白状させる方法もあります。とはいえ、ラブホテルに入ったからと言って必ず性行為が行われているかどうかはわかりません。「体調が優れなかったから宿泊しただけ」などと言い訳をする相手も多くいます。

ラブホテルの部屋内に侵入して写真に収めるなどという方法はなかなか難しいものがあります。もちろんこういった資料があれば裁判において非常に有力な証拠となります。動画・写真の他に音声なども有効です。その他にもメールのやり取りなどもとれるようでしたら持っておくといいでしょう。

これら状況証拠を集め、離婚裁判などに提出することで、明らかに不貞行為をしているであろうという判決を出してもらうように調査を進めます。

証拠を押さえる技術こそが探偵社の専門性

このように、不貞行為を立証する場合には証拠収集が必要不可欠となってきます。浮気調査を専門にする探偵社の場合、この証拠押収能力こそが専門性であると言っていいでしょう。

そのため探偵社は撮影の特訓をしたり、張り込みや聞き込みの訓練をして証拠が得られるよう技術を磨きます。その他にも、飲食店、警察、自治体、企業、その他関連職種とのパイプを駆使した情報収集能力も重要となります。