いざ浮気調査を依頼しようと思っても料金の相場がわからない。日常的に利用するサービスでもありませんし、業界も閉鎖的な部分がありますから、浮気調査の相場料金について全く見当がつかないという人もいるでしょう。

中には100万円以上かかるんじゃないか?調査期間が伸びたらさらに20万円プラスなんて言われるんじゃないか…と不安に思っている人もいるかもしれません。

 

この記事では、浮気調査の一般的な相場についてご紹介していきたいと思います。あくまで相場であって確実な料金を保証するものではありません。詳しい料金は、実際に探偵社や興信所にかけあって確認して下さい。

 

意外と高い?浮気調査の相場料金

まずは浮気調査をするに辺りどんな費用がかかるのかを見ていきましょう。一般的な業者の場合、以下の項目で費用がかかります。

1:調査料金

実際の調査にかかる人件費や機材台、その他期間によって料金が定められることがほとんどです。特に人数と期間によって大幅に料金が変わります。なるべくピンポイントで浮気の証拠を獲得できるように、事前に下準備をしておくのがいいでしょう。良心的な探偵社はそういった風に勧めてきてくれるはずです。

2:成果報酬

徴収する業者とそうでない業者とで分かれます。例えば、初期費用は一円も取らずに最後にすべての請求をしてくるところもありますし、事前に全額入金といったケースもあります。半分着手金、半分調査終了後というところも多くなっているようです。何を持って「成果」とするかについて、しっかりと説明を受けるようにしましょう。

3:各種経費実費

交通費、車両費、宿泊費、タクシー代、その他変装に必要な費用や特殊な機材を利用するときなどにかかる実費です。こちらももちろん明細をしっかりと出してくれるところがほとんどですので安心して下さい。各種経費は探偵業者によってそこまで大きな違いはありません。

4:手数料

浮気調査の結果を資料にまとめるときにかかる資料作成代や各種情報収集の際にかかる手数料などが挙げられます。手数料ときくとなんだか不明瞭な気がするかもしれません。何の手数料であるかは明確に確認を取った方がいいでしょう。

 

これらの項目を全て合算して、浮気調査の総額となります。例えば、一週間スタッフを二名派遣して浮気調査をする場合、総額は30万円から60万円ほどになるケースが多いようです。

どういった調査を行うか、どれくらいの人員を派遣するかによっても異なりますのでしっかりと事前に料金形態を調べておきましょう。

 

最初にかかるコストが0円?完全成果報酬型の探偵社も

浮気糖鎖を実際に行う業者の中には、完全成果報酬型で受けているところもあります。

その場合、どんな案件でも受けてくれるというわけではありません。ヒアリングの時点で浮気を指定なさそうな場合、お断りされるケースもあります。

さらに、完全成果報酬で実質無料と言いながら、実経費を請求してくる業者もたくさんあります。また、これも何を持って経費と考えるかについてしっかりと確認をとっておくべきでしょう。