浮気調査が終了すると、浮気調査の結果報告書が提出されます。この報告書こそ、探偵社の仕事の証と言っていいでしょう。浮気調査を利用したことがない人は滅多なことがない限りお目にかかったことがないはず。浮気調査の報告書はだいたいレポートのような形で構成されています。

今回の記事では、浮気調査の報告書について考察していきたいと思います。

浮気調査の報告書

調査報告書には、浮気をしていたと思わしき写真、その場所、時間、相手の情報、相手の勤務先の情報、浮気調査対象者の行動パターン、その他状況証拠などさまざまな資料が時系列に用意されます。この資料を用いて、裁判で離婚調停を有利にすすめるのです。

この報告書作成に別途費用を徴収してくるところも少なくありません。浮気調査と聞くと離婚前提と思う人もいるかもしれませんが、全員が全員そういうわけではありませんので、浮気をしているかどうかの結果だけ聞ければいいというお客さんもいるようです。

特に調査報告書の中で重要になるのが写真です。この技術次第で浮気をしているかどうかの判断が決まるケースがあります。

調査報告書以外の資料

浮気調査の報告書以外にも様々な資料が証拠として挙げられます。詳細なところでいうと、レシートなどが状況証拠となることもありますし、携帯電話の履歴、ETCの利用履歴、その他録音テープや動画データなどが提出され相手を追い詰めることも多々あります。

探偵が調査をする場合、こういった調査報告書をいかにうまく作るかという視点で調査が行われます。ごくまれに、実際に使われた浮気調査の報告書のテンプレートを見せてくれるところもありますので、興味がある人は見てみるのもいいかもしれません。

※もちろんテンプレートに出てくる人物などはフィクションです