不貞行為という言葉を聞いたことがあるでしょう。これは、配偶者がいながら他の異性と性交渉やそれに類似する行為を行うことを言います。なぜ、浮気調査においてこの不貞行為がとりだたされるかというと、不貞行為が有ると認められた場合、離婚事由として成立する、つまり離婚できるからです。

では、この不貞行為の基準について見ていきましょう。

性行為は明らかな不貞行為

いうまでもなく、性行為は明らかな不貞行為です。その瞬間を写真で撮影された、動画で撮影された、音声を録音されたなどの場合、裁判でかなり不利になることでしょう。しかし、この不貞行為に類似する行為というなかなか基準が難しいところがあります。例えば手淫は不貞行為に当たるのか、口淫は不貞行為に当たるのかなど、不貞行為に対する考え方が問われます。

基本的に何かしら下半身が関わる行為があった場合、不貞行為とみなされることが多いようです。

キスは不貞行為になるか?

人によっては「一緒に外食に行くだけでも不貞行為!」「キスをしても不貞行為!」などと言う人もいるかもしれません。でも、こういった事例で不貞行為が立証されることは少ないでしょう。明確な基準があるわけではありませんので確実な情報ではありませんが、キスや食事程度の場合、不倫や浮気ではなく友人関係と言われてもいかしかたありません。

ただし、これらの行為は不貞行為に発展する可能性が大いにあります。もうすでに離婚をする気で、離婚調停で有利に裁判を進めたいと思っている人は、そういった不貞行為に及んだと思われるであろうタイミングで浮気調査を依頼するほうがいいかもしれません。

裁判を考えている人は不貞行為の証拠を

上述したとおり、不貞行為の有無によって離婚事由になるかならないかが決まります。それほど大きな基準になると言っていいでしょう。配偶者の不貞行為は認めたくないかもしれませんが、離婚をお考えの場合、それから先明るい未来を過ごすためにもしっかりと裁判で争う必要があるかもしれません。裁判をお考えの方は、探偵社や興信所に依頼する際に「不貞行為の立証をお願いしたい」とはっきりと依頼しましょう。