「配偶者・恋人が不倫・浮気をしている可能性がある。探偵に頼みたいけど、どう申し込んだらいいのかわからない…」

今回の記事では、浮気調査の流れについて簡単に説明していきたいと思います。

これからさき、浮気調査を依頼する予定の方は是非参考にされてください。

 

浮気調査の流れ

・申込み

まずは申込みから入ります。申込の方法は様々。基本的には電話をする人が多いようですが、インターネットからの相談、探偵事務所への来所、メール、チャットツール(SkypeやLINEなど)、手紙、FAXなどお好きな方法で相談してみましょう。相談料は無料のところがほとんどですが一部有料のところもありますのでチェックが必要です。

・カウンセリング

なぜ浮気をされていると思ったのか、浮気の証拠となるような資料はあるか、相手の特徴や行動パターン、勤務先や趣味趣向など、探偵社から様々なヒアリングがおこわなれます。より正確な浮気調査を行うためです。

・調査計画の提出

ヒアリングを終えたら探偵社の方から浮気調査の大まかな計画が提出されます。書面での場合もありますし、口頭で伝えるだけのところもあるようです。計画書作成料の有無については業者によって異なります

・契約

調査計画に納得がいったら実際の契約に入ります。大切なことは、契約書の文面をしっかりと読み込むということです。自信がない場合は行政書士や司法書士、弁護士などに契約書をみてもらうのもいいかもしれません。一部悪質な契約を結ぼうとしてくる探偵社もあります。契約の時点で着手金がかかることもあります。

・調査開始(中間報告)

調査計画に基づき浮気調査が実施されます。期間や方法などは案件によって異なります。中間報告をしてくれる業者がほとんどですので安心です。

・結果報告

実際に浮気の事実があったのかなかったのかを報告してもらいます。浮気の事実があってもなくても、調査報告書の提出があることが一般的です。

・精算・アフターフォロー

調査後に料金の支払いをするところがほとんどです。さらに、浮気調査後の離婚調停など、アフターフォローも対応してくれるところがあります。

 

調査の流れはほぼどこの業者も同じ。

浮気調査で成果を出すため、だいたいどこの探偵社も上記の流れで調査を実施します。

調査の流れが異なるからといって浮気調査の成功率が飛躍的に上がったり極端に落ちたりすることはありません。

浮気調査依頼前に、こういった流れで調査が進んでいくということを念頭に置いておくと、心に余裕を持って手続きすることができるでしょう。